アラート応答におけるトレードオフ

アラート応答におけるトレードオフ

コスト許容度とリスク許容度におけるTCOの比較

最近、大手小売業者、金融サービス会社、政府機関などで大規模なセキュリティ違反が頻繁に発生しました。これらの事件は、セキュリティ侵害が組織の社会的信頼性と財務基盤に及ぼす影響の大きさを示しています。

センセーショナルな報道である多くの標的型攻撃は、金銭的利益、政治的便益、情報盗難、およびその過程において、組織のビジネス基盤を侵害する永続的かつ激しい活動を目的としています。

早期検出を可能にする高精度アラート、インテリジェントなコンテキスト情報、およびテクノロジーにより、誤検知ではないアラートを識別し、攻撃の特性や重大度に応じて各アラートに警告するために必要な時間を大幅に短縮できます。 。重大なセキュリティ上の脅威を迅速に検出し、その重要性に対応できるFireEyeの技術は、毎日のセキュリティ運用コストを削減することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

15 + 9 =