IT

セキュリティの過去と現在: 守りの対策(リアクティブ)から 攻めの対策(プロアクティブ)へ

1970年代のITシステムはすべて集中管理されており、複雑ではあったものの、セキュリティ管理にはそれほど手間がかかりま せんでした。しかし、1990年代に入ると、独立した演算能力を持つPCが大量に普及し始め、インターネットへの接続が当たり 前になった結果、簡素なセキュリティでは対処が困難になり始めました。 セキュリティ、そしてセキュリティ・ソリューションが直面 する課題は、この40年間で大きく変化しました。このホワ イトペーパーでは、防御の成功を前提とする「リアクティ ブなセキュリティ(守りの対策)」から、セキュリティ侵害 の発生を前提とする「プロアクティブなセキュリティ(攻 めの対策 )」に転 換する必要性と、それを支 援する. FireEyeは、民間企業や官公庁の重要情報を標的型攻撃から保護する高度なセキュリティ・ソリューション を提供しています。 FireEye のセキュリティ・ソリューションは、複数の経路から段階的に実施されるサイバー攻撃に対応しています。

Ransomware On The Rise

“WHILE RANSOMWARE ISN’T GOING AWAY ANY TIME SOON (IF EVER), YOU CAN DEFEND YOUR ORGANIZATION – IF YOU’RE PROPERLY PREPARED.” Ransomware isn’t new. What IS

Page 6 of 6
1 2 3 4 5 6